正しい洗顔を実践

レディ

肌をいたわる洗顔

敏感肌の人は、洗顔で刺激を与えないように気をつける必要があります。顔を洗う時には摩擦が起こりますし皮脂を奪いすぎてしまうこともありますので、敏感肌を悪化させる可能性があります。ですから、夜はきちんと洗っても朝は洗わないという人がいるのですが、実は朝も洗顔が必要です。敏感肌のための正しい洗顔法として、朝は洗顔剤を使わずにぬるま湯で軽くすすぐように洗います。皮膚のべたつきが酷くてさっぱりしたい時には洗顔石鹸や弱酸性の洗顔剤を使っても良いのですが、その場合は事前にしっかりと泡立てて泡で洗うようにします。必要な皮脂を残して洗うことができたら、肌なじみの良い化粧品でお手入れを行います。そのままメイクをする人も多いでしょうから、夜用のしっとり感が強いタイプは使いにくくなります。余分な皮脂を取り除いておくことで化粧直しをする必要がなくなりますし、メイクを厚塗りしなくても綺麗にのりますので敏感肌には望ましい状態です。朝は必要最低限の洗顔で済ませることが大事なのですが、夜はしっかり洗顔を行うようにします。汚れが酷くない時には弱酸性の洗顔剤を使って、泡で毛穴の奥深くまで洗うようにすれば皮脂が上手くコントロールされるようになります。汚れが酷い時には少し強めの洗顔剤が必要ですので、弱アルカリ性で汚れや皮脂をきちんと落とすようにします。このように朝と夜とでは必要な洗顔が異なります。特に敏感肌は皮膚に刺激を与えないように気をつける必要があります。